2008y03m16d_002711718.jpg

FXの基本を学ぼう。レバレッジ(leverage)とは

レバレッジ(leverage)とは経済活動において、自己資本に他人資本を加えることで、自己資本に対する利益率を高めることです。特にFX(外国為替証拠金取引)のトレードのおいては証拠金として元手のお金をFXの取引会社に預けて、その何倍かの金額で外貨を売買する事を指します。

さらに、特にFX(外国為替証拠金取引)のトレードのおいてはレバレッジを効かせれば(倍率を上げれば)自己資本に対して何倍もの取引が出来ますので利益も何倍にもなる可能性があります。しかし、当然リスクはあります。逆に損失は何倍にもなってしまう可能性もあるのです。

この証拠金を預けた状態での金融取引でもっとも恐れるものは強制決済です。これをロスカットと呼びます。強制決済(ロスカット)とはどういった事か少し解説させて頂きます。

FX(外国為替証拠金取引)は、証拠金として元手のお金をFXの取引会社に預ける形でトレードを行ないます。そしてその預けた何倍かの金額で外貨を売買出来るのです。これがレバレッジです。この証拠金の金額は、決められています。

例えばその金額はある一定の金額以上預け入れておかなければなりませんよ、という形でFX業者で決められています。そしてその証拠金は、トレードでマイナスの収益を出した場合に減る事もあります。その減った状態が必要最低限の証拠金の金額を満たしていない場合に追加で証拠金を預け入れるようにとFX業者が通知してくることになります。これを「マージンコール」といいます。

このように、必要最低限の証拠金不足の状態の解消の為の通知(マージンコール)が発生した時点で、その取引を継続させるか終了するかの決定をする必要があります。

通常、証拠金が50パーセント以上減ってしまった時にマージンコールが発生します。

マージンコールが発生しても追加で証拠金を預けず、さらに証拠金の割合が下がってしまった時に、FXの取引が強制的に終了されることを「強制決済」といいます。

強制決済は、証拠金の80パーセントを減らしてしまった場合に自動的におこなわれるものです。強制決済が実施されれば、その時点で損失が確定することとなりますレバレッジを効かせればそれだけのリスクに見合った利益は得ることが出来ますが、逆に失敗をすると損失も増大してしまうのです。

例えば、証拠金を100万円預けてFX(外国為替証拠金取引)のトレードを行なったとします。証拠金が80パーセントになったときに強制決済ですから口座に残る金額は20万円になってしまいます。

2008y04m17d_232121453.jpgレバレッジをかけることで生じるデメリットと証拠金の仕組みは十分理解して
大やけどをしない投資を行なうことを忘れないようにしましょう。

参考になる無料情報です。
無料レポート
FX初心者必読!いまさら聞けないレバレッジ
FX初心者のあなた、レバレッジの計算方法を知っていますか。どれだけ損失が出るとあの恐ろしい強制決済になるか計算できますか?このレポートでは初心者の方が意外と正確に把握していないレバレッジについて解説しています。

うまく使えればあなたの利益を大きくしますが、理解していないと大怪我をしてしまう「諸刃(両刃)の剣」をあなたの投資生活の武器にしましょう。



2008y03m16d_004038734.jpg





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。