2008y03m16d_002711718.jpg

FXの基本を学ぼう。 原油市場と通貨の関係

FXの基本を学ぼう。 原油市場通貨の関係
これまでFXで稼ぐ前の最初のステップである基本的事項の関連を説明してきました。株価と通貨の関係などや、債権と通貨の関係などがそうでしたね。いまいちまだ理解していないならFXにおいてこれはとても重要な関係ですので必ず理解しておくほうが無難でしょう。

さて、FXの取引環境においてもうひとつ重要な関係があります。商品市場(商品先物など)と通貨との関係がそれにあたります。FXに限らず投資や取引において商品市場はその国の資源や輸入依存度などと大きく関係してきます。そのなかで世界的にもっとも注目されている商品は何だと思いますか?それは石油です。

FXに限らず投資や取引で石油はどの国へも影響が大きいのです。それぞれの国にとって原油市場と通貨との関係はさまざまです。世界で一番石油を使うアメリカは、原油高の悪影響を直接受けてしまいます。これはガソリン代が値上がりしている日本でも十分実感できている事ではないでしょうか。

石油の価格が上がると、その分、産業全体でコストが上がって競争力が落ちてしまいますので、通貨は売られる傾向になります。アメリカは石油依存度が高いので余計に神経を使っています。

一方、日本でも資源が国内でほとんど採れない国ですから、石油の価格には非常に大きい影響を受けてしまいます。基本的にはアメリカと同じように原油価格が高騰すれば産業全体の競争力低下を招きそれが通貨安の傾向を強めます。また、日本は先進国の中でも相当にエネルギーの輸入依存度が高い国ですから、影響は計り知れません。もちろん食品や他の資源が高くなった場合も同じ状況になります。

石油で利益を確保した国もあります。それが世界で有数の石油産出国であるカナダです。基本的に石油や天然ガスを輸出する側は原油が高騰すると利益を確保できる可能性が増します。原油価格が上がると利益も上がり、自然と国の景気がよくなり、通貨高となります。

こういった状況を理解すれば原油価格と通貨の関係はその国の状況によって違うという事が少しは理解できたかもしれません。またオーストラリアも石油が自国で採れる国ですから、同じく原油高で景気がよくなる国の一つです。オーストラリアは鉱物資源の多い国でもありますので、他の商品市場の上昇がそのまま景気の向上につながりやすい国の一つに入るでしょう。

FXで上手く儲けを確保する為にはFX(外国為替証拠金取引)のメリットやFX(外国為替証拠金取引)のリスクももちろん大事ですがこういった通貨と色々な事柄の関係をしっかり把握する事も重要です。原油ひとつを取ってみても、各国によって通貨の価格の変動する傾向が変わっていきます。

こういった事はFXに限らず投資や取引でも必要な知識ですので、普段のニュースの他に、各国の資源の状況なども事前に調べておくと後々有利になります。それにはアンテナを高くして世界の出来事に関心を持ちようにしましょう。

FXの基本 債権と通貨の関係を学ぼう。

債権と通貨の関係についてなんとなくわかっていても詳しく知っている人は意外と少ないかもしれません。これまでFXと外貨預金や、FXと株との違いについては過去に触れてきました。さらに、株価と通貨の関係の項目についても少し説明してきました。

債権と通貨の関係でも、FXの取引をする上で重要な関係を解説したいと思います。それでは債権と通貨の関係を見てみましょう。基本的には、株と同じような法則が債権と通貨の関係にもあります。

株価と通貨の関係同様にその知識をFXで活かし利益につなげる事はFXの投資や取引環境では可能です。つまりうまく立ち回ればFXで儲けることにつなげる事ができるのです。これは株価と通貨の関係の時と違って、「債権安=通貨高」という形になります。

その国の債権の価格が落ちるという事は、つまり少ない元手で高い金利が得られるという事ですから、その債権の金利が上がっているという事になるのです。FXに限らず全般的投資や取引環境で今の外国為替市場では、特に「金利の高いところにお金が集まる」という傾向が顕著になっています。

簡単に言うと、債権価格が下がる⇒金利が上がる⇒外国のお金が集まる⇒通貨高になるという図式になるのです。ただし、これはあくまで短期的にごく単純に見た話であって、長期的に見る必ずしもあてはまりません。

さらには全く逆の債権があがる⇒通貨高になるケースもあります。なぜなら、金利が高いという事は、長期的にはそれだけインフレ率も高い可能性がありますので競争力が落ちて、その分売りが多くなる可能性が高くなってくるからです。

長期的に見ますと、逆に「債権安=通貨安」になる場合もありますので、期間を区切って考えていく方が安全かもしれません。


FXに限らず投資など全般的にこの債権と通貨の関係や株価と通貨の関係をしっかり理解すれば目先の損得にとらわれずFXで安定して勝つ事ができるようになるでしょう。

FXの基本学ぼう。 FX人気の通貨とは

FXの基本学ぼう。 FX人気の通貨とは  
FX(外国為替証拠金取引)のメリットやFX(外国為替証拠金取引)のリスクについてこれまで何回か触れてきました。またスワップポイントなどのFXの基本的仕組みを少しは理解していただけたと思います。

今回はFXの取引においてもっとも一般的な通貨について説明していきたいと思います。これはFXの取引環境とと同様に外貨預金などでもそうですが、アメリカドルが一番よく選択されているようです。

FXをはじめ投資、外貨預金などの取引環境ではアメリカドルに限らずさまざまな通貨選択できますが、やはり基本的に初めての場合はアメリカドルから始めるのが基本のようです。FXの取引環境ではこれを「ドル円」と言います。ではなぜドル円なのか。それには、次の三つの理由から説明できます。

1.ドルは一般的に世界でもっとも融通の利く通貨であり、FXに限らず各取引環境において世界の基軸通貨である事 
2.ドルは通貨に関しての圧倒的な情報量の多さという利点がある事 
3.ドルはFXの取引環境に限らず各取引にて取引量が多く安定している事

FXに限らず各取引環境において、取引を実際にする場合に一番安心できるのがドルということが言えるでしょう。というのも、FXに限らず各取引環境において取引量が他の通貨に比べて桁違いに多いですから、そこに使われている金額(投資額)も世界的に見て膨大になります。

取引量が多いという事は、ヘッジファンドのような大口の投資家(投機筋)が、意図的に値段を動かそうとしても、なかなか動かせるものではなくなるのです。これは、あまりに市場が大きすぎて動かせないという理由からです。

仕手が起きないという事は、それだけ今の価格が正当な数字で、誰かが意図的に動かしているものではないから、値動きも読みやすいということです。また世界的な動きからしてアメリカドルが世界の基軸通貨として認められているのは間違いないでしょう。そういった点からして情報量が多いと言うのもうなずけるかと思います。

つまりFXに限らず投資や各取引環境においてドルは安定しているという表現がふさわしいと思います。また、そういった点以外でも普通の人が一番なじみのある通貨と言えばやはり日本円以外ではアメリカドルが一番だと思います

。FX初心者の人やFXについて興味はあるがいまいち踏み込めていない人は、FXで儲けようと急いだりFXの情報商材をとりあえず買ってしまうのではなく基本的な骨組から理解を深めていきましょう。


2008y03m16d_004038734.jpg





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。