2008y03m16d_002711718.jpg

FX得た収益はきちんと申告しなければ後々やっかいな事になってしまします

FXと税金の関係について今回は解説していきたいと思います。FXで副収入があると聞くと、まずそれにかかる所得税やなんやらの税金を思い浮かべる人も多いかもしれません。しかし、実は『一年間で20万円以下の収益』なら、他に所得がなければ税の申告が不要であるという事は案外知らない人も多いかもしれません。

現実問題、いきなり今の資金を増やそうと頑張ってみてもFXを始めたばかりの初心者が勝つ続けて大きな収益を確保できることは確率的にいって少ないはずです。順当にFXのトレードで勝ち続ければ、それだけ多額の利益が出た時に引かれる税金も当然ながら多くなっていくのが現実です。
ですからFXのトレードで得た収益は20万円以内に収めて税金を収めなくてよい範囲で稼ぎ続けるのも一つの戦略かもしれません。

ここで注意してもらいたいのですがFXで多額の利益を上げているにもかかわらず、きちんと申告しなければ後々やっかいな事になってしまします。
国税局から脱税していたとして摘発される可能性があるのです。

普通のサラリーマンの方などは給与から税金は天引きされる事がほとんどですが、FXは、家などでインターネットを使いながら働く感覚があまりなく気がつくと利益が上がっていることもありますから、自分が収入をあげているという意識が薄いのかもしれません。それが税金の未納につながっている事もあるかもしれません。

主婦の方など収入が別にない人は特に考えなくてもいいのですが、本業で収入がありなおかつFXの利益が20万円を超えている場合には、その金額だけでなく、自分の給与の金額の税率も関わってくるのです。

収益によって収める税金の金額は違いますが、まじめに申告すれば結構な金額になるので驚いてしまうかもしれません。
例えば、あなたが200万以上の収益を出していたなら、目安として30万前後のお金を税金で持っていかれる事になります。

FXの利益は雑所得として課税されるのですが、FXの利益だけでなく、先ほど述べたように給与所得がある人は、それらの所得と雑所得に一律の税率を掛け、課税対象の所得金額に応じた控除額を引いた金額が所得税の納税額となります。

課税対象の所得金額が195万円以下の場合には、税率は5パーセントですが、それを超え、330万円以下の場合は税率は10パーセントとなります。さらに330万円を超えると税率は20パーセント、金額に応じてその税率は上がります。
2008y03m24d_230632828.jpg
色々と税金について解説してきましたが、税金を納めるようになるということはFXで立派に収益をあげている証拠です。これからFXを始める人も立派に税金を納めるようになるぐらい収益をあげれる事を目標にしていきましょう。

給与所得とFX所得が両方ある場合税金額は?

今回は前回に続いてFXと税金についてのお話です。
前回の解説だけでは具体的な事までつっ込んでお話をしなかったのでわかりずらかった点があったかもしれません。

主婦の方などFXの収益による所得以外に給与所得がない人それほど難しくはないですが、サラリーマンの方などで給与所得とFX所得が両方ある場合は少し悩んでしまう人がいるかもしれません。

例えば、年収(源泉徴収票の給与所得控除後の金額)が 250 万でFXの利益が50万だった場合の合算の所得は250+50=300 万になります。この場合、税金算出の計算式から税金は195 万円×15%+(300 万円−195 万円)×20%=50.25 万という数字がでてきます。本当にこの50.25 万という高額な税金を支払わなければならないのでしょうか?

実際はちがいます。先ほどの例でしたらFXの所得が50万円で税金が約50万円にもなってしまうと何のために副業をしているのかと馬鹿らしくなってしまう人がいるかもしれません。

税金の計算に入る前に次にあげる項目があるので課税額はぐっと安くなるのです。

■控除
■課税方法
■税金の種類(国税と地方税など)
■雑所得では、必要経費の計上が可能

※雑所得とは
・売買手数料(支払い手数料)
・筆記用具など(消耗品費)
・パソコン購入費(減価償却分)
・電話代、プロバイダ使用料(通信費)
・新聞代、関連雑誌代(図書費)などです。いうまでもないですが領収証などは申告に必ず必要です。
 
雑所得に関してはそれぞのれ項目であてはまりにくいものもあります。例えば通信費の定義などです。
人並みですが疑問に思うことがあれば税務署に問い合わせるか実際足を運ぶことが一番です。対応してくれる人にもよるとは思いますが、大抵みなさん、懇切丁寧に税金の解説をしてくれます。

FX の税金に関して過去の未納など不安がある方は一度税務署に行かれてみるといいと思います。さらには申告ではきちんとした添付書類をそろえる事や、申告する側の人柄や態度もみられている事も多いと聞きますので社会人としてまともな行動、言動を心がける方がいいかもしれませんね。

先ほどの課税金額の具体例については一から解説している無料情報がありますので参考にしてください。

この無料情報レポートでは先程の年収250万円でFX所得が50万円のケースでの税金算出方法が解説されています。
2008y03m27d_225417140.jpg
無料レポート
FX税金の計算方法〜Q&A編〜
FXの税金が気になる季節です。実際に税金未納の個人投資家に税務署が立ち入って警察沙汰の問題に発展したケースもあります。皆さんは大丈夫でしょうか?


2008y03m16d_004038734.jpg





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。