2008y03m16d_002711718.jpg

FXの基本を学ぼう。FX、時間帯による差

以前、FXのメリットの項目のなかでFXの取引環境は24時間いつでも取引ができることが副業に向いている有利な点という内容の話を書いたと思います。

今回は、FXの取引環境のなかで24時間の内、取引しやすい時間帯とそうでない時間帯というものが一日の中で存在するという事を少し勉強しましょう。FXは24時間取引可能とは言え、それは世界中のどこかしらの市場が動いているかで取引量の多い時間帯と少ない時間帯で差があります。

FXの取引で一日の内、一番取引量が多いのは、「ロンドン時間」と言われる、東京の夕方から深夜にかけてです。FXの取引環境でこの時間帯は、EU全域の銀行が取引をしており、東京、香港、シンガポールも途中まで残っています。また、明け方にはニューヨークの銀行が途中から参加します。この時間帯が、24時間でFXの取引量が、一番多い時間帯といえるでしょう。さらに、EU・アメリカの経済指標の発表などもこのあたりの時間帯に発表されることがあります。FXの取引環境の中で値動きが一番大きいのもこの時間帯となります。

ではFXの取引環境のなかで、24時間の内、逆に取引が少ない時間帯はいつでしょうか?それは、日本で言えば東京の早朝でしょう。FXの取引環境の中でこの時間帯は、ニューヨークでは帰宅済みの時間になりますし。東京も本格的に動き出す直前の時間になるからです。

この時間帯でのFXの取引の中心はオーストラリアやNZのような、オセアニア系が取引の中心ですから、参加者が絶対的に少なく取引もそれに伴い少なくなります。FXに限らず投資関連では取引が少ないという事は、値動きも少ない場合が多いのが現実です。さらに、大口の仕手筋にやられる可能性の高い時間帯でもあります。

FXをする上で安定した取引をしたい方は、ぜひこの時間帯を避けるようにしたいものです。FXでは多くの確かな情報を確保し、取引環境を整え、経験を少しづつ積んでいく事が重要だと思います。FXで儲けている人の多くは実際のトレードで何回も痛い目にあったりして経験を積んでいる人も多いはずです。しかし、FXでこれから儲けていくつもりでも出来る限りは痛い目にあわないようにしたいですもんね。
この記事へのコメント
今回はFXでの高金利通貨の代名詞といえるNZドルについてまとめました。「FXをやってみたいんだけど、FXって為替だよね・・・なんだか難しそう・・・」なんて思っている方も多いはず!
為替の実態を理解すれば難しいことなんてありませんよ♪
「FXをやってみたいんだけど、FXって為替だよね・・・なんだか難しそう・・・」と思っている方は見てください。
この記事へのトラックバック


2008y03m16d_004038734.jpg





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。