2008y03m16d_002711718.jpg

FXの基本を学ぼう。 FXと株との違いとは

FX(外国為替証拠金取引)は、株、投資信託、不動産…いろいろな投資がある中、現在は、注目を集め取引量が増えている人気の取引です。株とFXではかなり取引の特徴が変わります。もちろん取引環境がまるで違うので一概に比べる事はできませんが。

FXでの取引環境では株に比べると変動が緩やかと言う事や取引時間に制限があるかないかなど、あげていけばさまざまな違いがみる事ができます。

FXと株の違いを見ていきましょう。まず、株式投資の場合は市場が開いている時間が決まっています。これは株式市場という言葉でよくニュースとかで聞いたことがあると思いますが平均株価や株価指数などで大まかな動きを知ることができます。

しかし、リアルタイムで取引をするためには、株式市場が開かれている時間でしか取引できません。これは事実上会社を休むか休憩時間にむりやり時間を作ってしか取引が出来ません。

これに対して、FXの場合は24時間オープンですからいつでも自分の空いた時間に合わせて取引ができます。例えばFXの取引は会社から帰った後でも、リアルタイムの取引が可能なのです。FXの取引と株の取引では市場の値動きや流動性という点でもその違いはあります。値段の動きの激しさは、FXに比べて株の方が遥かに上です。

FXと違い株の値動きは一年に倍になる事もあれば、半分以下になる事もあるのでFXにはない儲けの大きさがあるといえるでしょう。短期間の値動きの大きさでFXにはそういった値動きの儲け方ができることはごくまれでしょう。FXの取引環境では値動きは穏やかです。

FXの取引環境では一年で倍になるという事も半分になるという事もまずないですが、レバレッジが株投資よりも遥かに効いていますので、小さな値動きでも大きな収益を取りに行く事が可能です。このレバレッジがFXの儲けのミソになるのです。

また、流動性で言えば、FXの取引環境では株投資よりも遥かに大きいですから、ストップ安やストップ高で取引が出来ない、というような事はまずありません。

つまりFXでは値動きは激しくないために「10%」上がったら利益確定というような戦略だけではないのです。FXの取引では小さな値動きで小刻みに、利益確定をして儲けを確保していくのもひとつの儲けの戦略です。

またFXの取引環境は手数料が安いですから、長期で保有するよりも、短期で少しずつ利益確定を繰り返すことで、安定した収益につなげていく事がベストかもしれません。FXの取引環境はまさに副業や在宅ワークとしての地位を確定させる要素もあり儲けのうまみが詰まった取引と言えるかもしれません。
この記事へのコメント
簡単に言うと金利の高い方の通貨を持っていると、その金利の差額を毎日受け取る事が出来る仕組みなのだ。逆の場合もあるが大まかに言うと今まで説明したとおりだ。つまりFXでは上手くその儲かる仕組みをとらえることができれば毎日不労所得を得る事も可能なのだ。
スワップポイントとはなに?
IPO(新規公開株)で年間数百万円を継続的に儲ける方法を知りたい方はいませんか?
IPO【ウラ最終兵器】最悪の地合で10倍儲ける方法
この記事へのトラックバック


2008y03m16d_004038734.jpg





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。