2008y03m16d_002711718.jpg

FXの基本を学ぼう。 FXのメリットとは

FXをするメリットはいくつもありますが、何より少しの金額で始められることがFXのメリットの中で最大のメリットでしょう。

これは、FXの差金決済での取引によるのもが大きいです。預け入れたお金を「証拠金」として扱い、それを担保として、証券会社から大きな金額の取引を行う権利を得るというFXの仕組みから来るメリットです。あなたがFXの差金決済での取引を始めたとしましょう。

そこでの実際の取引は、売買の損得のみを決済します(差金決済)から、失敗した分の損が、預け入れたお金の範囲内であれば、元手が少なくても大きな取引が出来るのです。さらに損失が額も少なくて押さえる事も可能です。

例えば10万円を預けて、100万円の取引を行える状態になる事を、「レバレッジが10倍」と言います。つまり「預けた金額の何倍まで取引可能か」という数字。これはFXを扱っているある会社によって違います。しかし、大体は101日あたりの値動きが2円以上もあるような日は稀です。手数料だけで損をしてしまう可能性が高いのが外貨預金です。

この点で、FXならば一般的には1ドルあたり5銭前後の手数料ですから、手数料で損をする可能性が低くなります。また、FXのメリットのもうひとつは手数料の安さも大きな要素と言えるでしょう。株、投資信託、不動産…いろいろな投資がある中、例えば、外貨預金の場合、その日の朝10時のレートで取引が行われます。

それは「仲値」と言われています。その時、外貨預金の場合ドルを買うなら仲値にプラス1円の金額となり、ドルを売るなら、仲値からマイナス1円の金額で決済される状態になります。往復すると2円分の手数料がかかります。とくに取引が一日に何回も繰り返す場合にはこの差は大きくなるでしょう。これらがFXのメリットといえるでしょう。
この記事へのコメント
それは、預け入れたお金を「証拠金」として扱い、それを担保として取引をするからなのだ。FXは証拠金を預けて証券会社から大きな金額の取引を行う権利を得る仕組みがあるからリスクは低いのである。
友人もレバレッジさえ高くしなければ致命的損失を受ける可能性は低いと豪語しています
投資における確実な銘柄選びのチャンスは年4回の決算発表はもちろん、企業の業績予想が修正されるたびに訪れます。業績をベースに現在の株価を判断し、確度の高い投資に役立ててください!
企業の決算発表や上方修正をもとに、その内容を分析し、銘柄を絞り込むテクニックと考え方をご紹介します
この記事へのトラックバック


2008y03m16d_004038734.jpg





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。